« 2014年1月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月 2日 (火)

第16回「宮崎未来塾」開講のご案内

残暑の候、皆様には益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
さて、下記の要領で第16回目の塾を開講いたします。
今回は、政治・歴史学者で台湾の駐日代表を4年間務められた許世楷先生を台湾から講師としてお招きします。先生は、台湾独立運動にも身を投じられ、30年間日本で亡命生活を過ごされました。中山塾長とは長いお付き合いになります。日本にとって台湾は大事な国(地域)です。台湾から見た日本を存分に語ってもらいます。ご期待下さい。ご多忙のこととは存じますが、又とない機会ですので、廻りの方もお誘いの上、ぜひご参加くださいますようお願い申し上げます。

【日時】  
平成26年9月22日(月)
18:30~

【場所】  
宮崎市民文化ホール 
イベントホール(1F)
宮崎市花山手東3丁目 
TEL0985(52)7722

【講師】
許世楷先生
(元台北駐日経済文化代表処代表)

演題
「台湾の危機から台日関係を考える」

宮崎未来塾
塾長 中山成彬
教頭 永﨑収一

(問い合わせ先)
宮崎未来塾事務局
TEL0985(26)8456


【許世楷氏プロフィール】
1934年7月7日 
台湾彰化市生まれ(80歳)
政治・歴史学者
津田塾大学名誉教授

国立台湾大学卒業後、日本に留学し、早稲田大学政治学修士、東京大学法学博士を取得する。
津田塾大学で助教授、教授として約30年の教員生活を送り、津田塾大学国際関係研究所長も務めた。
日本留学直後の1960年に台湾独立運動団体「台湾青年社」に加入して以来、台湾独立運動にも身を投じてきた。機関紙「台湾青年」にペンネームで数多くの論文を執筆したため、国民党政府により旅券を剥奪、在外反政府分子としてブラックリストに掲載され、約30年間、日本で事実上の亡命生活を余儀なくされた。
1992年、ブラックリストが解除となり帰国。台湾文化学院院長、台湾建国党主席に就任。
2004年、台北駐日代表に就任、約4年間務めた。在任中は、「台湾人観光客のノービザの恒久化」、「運転免許証の日台相互承認」を実現。日台間で年間250万人が相互に行き来するようになった。
現在は、台中市に居住、台中市政顧問を務めている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年10月 »