« 日本国として拉致被害者を北朝鮮に返してはならない | トップページ | 第11回「宮崎未来塾」開講のご案内 »

2013年7月21日 (日)

恭子がウズベキスタンで学んだこと

日本に残ることになった拉致被害者と北朝鮮に残っていた家族がどこで会うか問題になったことがあった。地元の宮崎でたまたま朝早く目が覚めてTVのスイッチをいれた。家族が北京で会うのに反対しているのは中山参与だけだというニュースが流れた。これはいけないと思い、起きてくれと祈りながら東京に電話した。運よく起きてくるた。もし、北京で会うことになったら、北朝鮮は眠り薬を飲ませてでも強引に家族全員を北に連れ帰り、家族で相談した結果、北朝鮮に住む事に決めたと記者会見させるだろう。それで一件落着と考えていたのではないか。独裁国家では何でもできる、何でもする。それがウズベキスタンという独裁国家ソ連から独立したばかりの国に勤務した中山大使が学んだことであった。恭子はすぐ曽我ひとみさんと連絡をとり、北京以外の処で会いたいというコメントを出した。そして、ジャカルタで会うことになった。平城に迎えに行った恭子は、機内を二つに分け、付いてきた北朝鮮の監視員が家族と接触するのを禁じた。ジャカルタのホテルでも14階を貸し切りにし
て、完全に北朝鮮と遮断した。そしてもう日本の保護下にあるから安心という雰囲気の中でどちらの国を選ぶかを決めさせた。監視員達はエレベーターを蹴飛ばしたり大変だったらしい。 以上、中山恭子の素顔に迫ってみました。私のことが出すぎた感があることをお許し下さい。なお恭子には無断で記憶に頼って書きましたので、あるいは事実と違う点があるかもしれません。長らくお付き合いいただきまして有難うございました。

|

« 日本国として拉致被害者を北朝鮮に返してはならない | トップページ | 第11回「宮崎未来塾」開講のご案内 »

コメント

先程、確信と誇りを持って恭子先生に一票を投じて参りました。日本國萬歳!

投稿: 足立次衛門藤原好弘 | 2013年7月21日 (日) 10時20分

中山さん、おはようございます。
奥様に1票入れさせて頂きました。
是非とも当選される事を願っています。
暑い最中の選挙戦、お疲れ様でした。

投稿: 平凡な主婦 | 2013年7月21日 (日) 10時47分

初めてコメントします。
今回の選挙、どうも選びようがなく棄権しようと終了間近まで思っていました。何度か先生のブログを目にして、任せたい人はここに居ると思い直し、急いで投票してきました。
今まで幾度の投票をしてきた中で、初めて自信をもって投票用紙に記入することができました。奥さまの当選おめでとうございます。
ひょんなことからこちらを知りましたが、度々寄らせてもらって良かったなと思います。
政治の世界は全く分かりませんが、ただただ『日本』が日本人のために存在していてほしい。そのために働く真の議員が増えてほしい。そう願っています。

投稿: 一児の母 | 2013年7月22日 (月) 01時28分

中山恭子先生 当選おめでとうございます ~! 日本を護る為に活躍する先生ご夫婦をこれからも応援 します!

投稿: ゆか | 2013年7月22日 (月) 03時13分

はじめまして。佐藤 剛と申します。奥様である中山恭子議員当選おめでとうございます。
議員中山恭子様の今までのご活躍を知っている人は知っていますが、知らない人は全く知りません。今までのマスコミが報道しないからです。ですが、今ではネットがあります。議員中山恭子様の今までのご活躍を広め、比例区では中山恭子議員の名前を書こう、と色々なところで出ていましたよ。
乱文失礼しました。

投稿: 佐藤 剛 | 2013年7月22日 (月) 15時20分

中山恭子先生、御当選おめでとうございます。

中山恭子先生がウズベキスタン大使だった時のアルカイダがキルギスへ日本人の鉱山技師を拉致し、恭子先生が助けだした事件は、とても勇敢で今でも称えられるべき事であるのは間違いないのに、国民は知らない人が大半ですね。 悲しい事です。

中山成彬先生が日本の矜持を取り戻すため慰安婦問題を取り上げてくださっているのはよくわかっているので非常に恐縮ですが、テキサス親父と呼ばれ
ている米国人をご存知でしょうか?
YouTubeなどに動画配信をしている方なのですが昨日の動画に1944年に米兵がフィリピンにて慰安婦を取り調べた尋問調書の事がアップされました。 
この尋問調書はネット上には出回ってはいたのですが興味深いのはこの米国人が この尋問調書が本物である事を、ワシントンDC郊外にある「国立公文書館」へ問い合わせ、約2週間後にそこから一通の手紙が届き、 その中には、そのネット上に上がっていた内容と同じ物の原本のコピー が同封され、間違いなく米軍が慰安婦の捕虜達に尋問した一部始終が記載されている書類だという事が証明されたと言うことです。
その内容は、
・慰安婦達の証言では、志願して雇 用され高額の給料を貰っていた。
・町へ出かけて化粧品や洋服など 好きな物を自由に買っていた。
・時間の関係で全てのお客(日本兵士) にサービスができない事を悔やんでいた。
・日本兵士達とスポーツをしたり、ピクニックをしたり宴会をした り様々なイベントを一緒に仲良くやっていた。
・借入金がある慰安婦は、その返済 が終われば希望があれば国へ帰るこ とも出来た。
・日本の兵士と結婚する者もいた。
などと言う内容です。

お知りになっている事とは思いましたが、自分なりの情報提供、中山先生への応援だと思って頂ければ幸いです。

投稿: 栄二 | 2013年7月24日 (水) 11時12分

遅ればせながら奥様・中山恭子先生の当選おめでとうございます。
人として、女性として、政治家として尊敬しています。
ご夫婦の熱い政治活動をこれからも応援させていただきます。

投稿: 悩めるママ | 2013年7月24日 (水) 15時55分

中山先生にお願いがあります。

従軍慰安婦の問題を安倍政権が韓国及び米国との外交問題として取り上げるようご中山先生のご尽力を是非お願いいたします。

安倍政権は腰が引けています。
安倍政権はこの問題を外交問題としたくない、歴史家の調査・研究にまかせたい、と言って逃げています。
当然ながら外務省も腰が引けています。

片や、韓国は正面から従軍慰安婦の問題を外交問題として日本に投げつけています。
もはや日本は逃げるべきではありません。
「もう過去に謝罪した。」などと言って逃げるべきではありません。

従軍慰安婦なんて存在しなかったのです。
日本政府が謝罪すべき点は何もなかったのです。
過去の謝罪は取り消すべきです。
断固戦うべきです。

証拠に基づいて歴史の事実を示し、
韓国の嘘を韓国国民と日本国民に白日の下に晒してください。
日韓の国交断絶をも念頭に徹底的に戦ってください。

何が事実であったのかを両国民が共に正しく認識することができなければ将来の日韓の友好は生まれません。

日本の最重要な外交問題として、韓国の嘘と徹底的に戦ってください。
これはもはや歴史家の解釈の問題ではありません。

日本の最重要な外交問題です。
我々の先人と日本の名誉を賭けた正義の戦いでもあります。

よろしくお願いします。

投稿: 浜田 | 2013年7月28日 (日) 18時31分

維新の猪木議員が拉致問題について記者会見にて
「拉致解決したら幸せになれるのか」などとたわけたことを言ったらしいが。中山議員御夫婦は同じ党としてどのように、お感じになりましたか?横田めぐみさんのご両親の前で同じこと言えるのでしょうか?本当に許せません。

投稿: ノッポ | 2013年8月 6日 (火) 14時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1367589/52540223

この記事へのトラックバック一覧です: 恭子がウズベキスタンで学んだこと:

« 日本国として拉致被害者を北朝鮮に返してはならない | トップページ | 第11回「宮崎未来塾」開講のご案内 »