« 匿名の方への返事 | トップページ | 日本人の魂 »

2013年6月21日 (金)

この本一冊で自虐史観から脱却できます。

 水間政憲著「ひと目でわかる日中戦争時代の武士道精神」を読みました。水間氏は著名な歴史研究家、ジャーナリストで、その原史料を発掘する執念に感服しています。この本にも旧日本兵の汚名を晴らさんとする執念を感じます。載せられた写真を一目見ただけで、軍律正しい日本兵が彷彿とします。子供達と遊ぶ兵隊さんは故郷に残した自分の子供達を思い出していたのでしょうか。

 私の父は精強をうたわれた熊本6師団に徴兵されました。ノモンハンに征くところを新兵の指導係で残されたそうです。征っておれば私はこの世にいなかった。父から、夜に日を次いで上海から南京に攻めあがった6師団の話をよく聞かされました。カラオケで「麦と兵隊」という軍歌を聞くと、情景が浮かび上ります。当時、中国は軍閥がはびこり、一般人はその乱暴狼籍に苦しめられていました。日本軍が攻めて来ると彼らは「三光作戦」といって、何もかも焼き尽して逃げたのです。ですから、日本軍が進駐して、軍律厳しい日本兵に接して市民はほっとしたのです。

 河村名古屋市長が、お父さんから終戦時南京にいて、市民に大事にされたという話をして、一時騒ぎになった事がありました。中国や反日日本人がいうように、日本軍が30万人も虐殺したのなら、そんなことはありえない筈です。虐殺がなかったことは、この本を見れば一目瞭然です。是非、日本人みんなに読んでほしい、特に渡辺淳一氏には。そして自虐史観から抜け出してほしい。中国人がこの本を見ればあの残虐記念館が恥ずかしくなるでしょう。

|

« 匿名の方への返事 | トップページ | 日本人の魂 »

コメント

中川先生
初めまして~いつも拝見させて頂いております。
今回ご紹介の記事の本ですが、
書名[ひと目でわかる「日中戦争」時代の武士道精神]ですよ。
書名は正確に記載して頂かないと
一文字違うだけでネット書店は検索結果に出てこなかったり
本屋さんでも探すの大変なので訂正お願い致します(*´∀`*)
折角興味もった人が探せないの、勿体無いですw
宜しくお願い致します。

投稿: 甘味 | 2013年6月21日 (金) 07時30分

橋下さん相手するのは大変ですね。橋下さんのバックに誰かいるのか個人的弁護士的資質そのままの言動なのか?

石原さん橋下さんのコンビで比例1300万?でしたか

相乗効果故だからお互いにメリットあるんですけどね

中山先生は今後どうされるんでしょう?

投稿: 宮崎市民 | 2013年6月24日 (月) 09時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1367589/52121376

この記事へのトラックバック一覧です: この本一冊で自虐史観から脱却できます。:

« 匿名の方への返事 | トップページ | 日本人の魂 »