« 野田総理どこまで堪えられるか | トップページ | 第4回宮崎未来塾 中山成彬塾長の話(5月18日金曜日) »

2012年5月30日 (水)

明るい話題が欲しい

 月日の経つのは早いもので、5月も残り僅かになりました。宮崎は早期米の稲が水面を隠すほどに伸びています。戸別訪問でお伺いすると庭先に紫陽花が綺麗に咲き始めています。今日など汗ばむ陽気ですが、紫陽花にはやっぱり雨が似合うなと思ったりします。

 商売をされている方、特に不動産、建築、設計、建材屋さんなどからは景気が急速に落ち込んできて大変だという話をよく聞きます。消費税増税はその必要性は理解しても、商売上はとても堪えられないという声が多い。 飲食店も今はセットで三千円というところが多いが、消費税込みであり、増税分は利益に食い込まざるを得ないと。どうしてこんなに急に景気が悪くなってきたのか、金も人もどんどん東北に流れて行ってると指摘する人もいる。

 今デフレが進行する中で一番恵まれている年金生活者だが、経済が悪くなって、だんだん年金も削られていくのではという不安も大きい。少子化で、日本の人口が毎年30万人近く減少しているというが、更に歳をとると食事の量が減るなど、活動が鈍ることによって遣うお金の額が減って来る。 企業の海外移転などにより、民間の設備投資も奮わない。勿論、政府の公共投資も押さえられているから、日本経済が全体的に縮小して行きつつあるのが身に沁みて感じられます。

 デフレ、円高の今こそ、老朽化したインフラの整備など、政府が思い切った景気対策をやることにより、この沈んだ状況を一変できると思う。時を逸してはならないのだが、経済オンチの野田政権にはとても期待できない。

 国際情勢が激変しつつある中で日本の地位が目に見えて低下し、国内では東北大震災、原発事故が起り、つくづく日本にとってタイミングの悪い時の政権交代だったと思わざるをえない。

 日本は繁栄から衰退への分岐点を今歩いているのか、引き戻す方途はないのか、いや、それ以上に日本民族に衰亡の危機が迫っているように思われて仕方がない。

 生活保護の不正受給問題でタレントが絡んで話題をさらっている。前にも書いたが、日本はプライドさえ捨てればこんなに住み安い国はない。元々、プライドのない人種にとっては天国だろう。まじめに40年コツコツと年金を積み立てても支給は5~6万円。生活保護をもらえば、20万円を越す手当てに年金、医療費もタダ。道徳教育を拒否してきた日教組の勝利とも言うべきか、これではモラルが低下するのは当り前だ。不正受給の摘発を徹底し、年金額の削減や現物支給への切り替えなどで早く手を打たないと日本社会は泥沼に落ちるだろう。

 スパイ天国日本だが、中国のスパイが松下塾に入っていたというニュースが流れている。いやはや泉下の松下翁、さぞかしお嘆きのことだろう。

 日本のこの苦境を脱するにはどうしたらよいのか、決められない政治への反動から橋下市長の人気が高いという。どん底まで落ちないと分らないと言うが、何とかその前に引き戻さないと。やはり、人々が本当の事を知ることが先決だが、テレビ等は明らかにおかしい。野田内閣の支持率が30%もあるようでは、この日本変わりようがないと思わせる。

|

« 野田総理どこまで堪えられるか | トップページ | 第4回宮崎未来塾 中山成彬塾長の話(5月18日金曜日) »

コメント

中山先生を応援しています!
私は40代の主婦ですが主人の転勤で中国で暮らしたおかげで
日本の良さ、悪さを肌でしっかり感じることができました。
日本人としての誇り。
これを失うことなく、我が子にも伝えて行きたいと思っています。
どうか日本のために、先生のご活躍を願っています。

投稿: 藤沢 | 2012年6月 2日 (土) 10時40分

初めてコメントをします。
私は大人になってから、日本のことを知ることが出来ました。学校では一度も「日本はとても素晴らしい国だ」とか、「天皇陛下はとても立派なお方だ」とかは聞いたことがありません。ただの一度も。日本の素晴らしいところを熱弁する先生がいたなら、きっと印象に残っているでしょう。
そういうことがなかったのも、今思えば日教組のせいだったのだなと思います。
中山先生が「日教組をぶっ壊せ」と言わなかったら、私は今でもただの先生の組合だと思っていたでしょう。恐ろしいはなしです。

今はインターネットがあるので、真実がなんだったのか、誰が嘘を真実だと言っていたのか分かるようになりました。なのでテレビや新聞のマスメディアがいかに左に偏っているのか分かるようになりました。それらは決して日本人を代弁していないし、内閣の支持率や、国民の意識調査も全く信用出来ないと思います。それらは意識操作なのだとはっきりわかるようになりました。
なにかおかしいと、みなが思い、ネットで調べ、マスコミとの違いに気づき、テレビの視聴率が下がり、新聞の購買数が下がるということだと思います。ネットは携帯さえあればどこでも誰でも見ることが出来ます。ネットの意見は一部の若者の意見ではなく、大勢の庶民の意見です。
どうか沢山ネットで発信して下さい!日本を日本人に取り戻して下さい。誰かが言っていましたが、「今までの教育は国民を洗脳することだったが、これからの教育は国民を洗脳から解放することだ」と。
どうかこれからも様々な妨害に負けず、お体を大切に頑張って下さい。日本人は日本人であることに目覚めてきています。日本人のふりをした人達が必死で邪魔をするでしょう。しかし日本人の数のほうがまだまだ多いので結束すれば勝てると思います。応援しています!

散文長文失礼いたしました。

投稿: 日向夏 | 2012年6月 2日 (土) 10時40分

コメントは消していただいて結構です。
糞在日朝鮮人、シナ人は死んでも許しません。


今までの世代は知りませんがこれからの世代は
絶対に容赦はしないでしょう。

命を削ってでも一匹残らずゴキブリはあぶり出し潰します。今の民主党を始めてする売国奴も同様。私は政治活動家でも極右思想の持ち主でもない。でも私の周りの若い世代の深いところに根付いた本音だと言うことは理解しておいたほうがよろしいでしょう。

もうとっくに導火線に火はついており、その火が近ずいています。

大変見苦しい文章は分かっておりあえてそう書いております。今後もこの国を護るためのご活躍を強く希望します。


ちなみでこの市営団地はどこか見当が付きますか?
詰めて下さい。
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1521.html

投稿: nn | 2012年6月 3日 (日) 22時14分

始めまして!  投票に行ってきました! 恭子先生に入れました!  中山恭子先生は優しく所作が上品 で理路整然 仕事熱心 上品とはこのかたの事です 上品とは(目立たず声荒げず相手思う所作言動実行でしょう)    悪口はいやですがあえて言います 目立ちたがりとしかみえない田〇〇〇さんとは正反対 日本本来の女性らしさは 恭子先生のような方 中山先生ご夫婦は (ねずさんの独り言ブログ)でしりました 庶民の無知な私たちにもわかりやすい国会質疑でした 堂々と正論を述べられ 胸が熱くなりました     国会議員は 国思う国益を考えて こそだと思います 見渡せば 議員に限らず 賎しい人相 賎しい言動 行動 とにかく利己心丸出し賎しさ多い方が目につきます それを選んだのも 私たち 責任はあります しっかり勉強して後々の日本造りしなければです

投稿: YUKA | 2013年7月21日 (日) 11時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1367589/45467344

この記事へのトラックバック一覧です: 明るい話題が欲しい:

« 野田総理どこまで堪えられるか | トップページ | 第4回宮崎未来塾 中山成彬塾長の話(5月18日金曜日) »